BLOGカテゴリー
MENU

日本東洋医学会学術総会in高松

平成28年6月4~5日、四国で初めての開催となった日本東洋医学会学術総会に参加しました。真面目な漢方の学会や研究会にもちゃんと出席しているんですよ。会頭は徳島の東洋病院の清水寛先生。東洋病院は太極拳や薬膳、漢方を取り入れておられ高齢者に優しい病院のようです。会頭講演を聞きながら、初学の頃大阪で伺った清水先生の腹診の講義を懐かしく思い出しました。いつも四国には淡路島から徳島に入るため岡山から高松に入ったのも実は初めて。会場も瀬戸内海が見渡せヨットが点在し、大満足の眺めです。
以前、京都の学会でのシンポジウムでご縁を得た、福岡の平田道彦先生がランチョンセミナーの講師をされるため、すぐ無くなるチケットをゲットすべく、始発で大阪を出発。家族の食事の用意もあり、不本意ながら完徹でした。道中眠って英気を蓄え、一番前で拝聴し、ご講演後、九州のスピリチュアル系の漢方仲間のお話も伺え、ご縁をいただけたのは大収穫でした。やはり九州の先生方とは波長が合います。
最近、お近づきになり、気感が素晴らしい大阪の田辺智子先生を、家族ぐるみでお世話になっている大分県日田市の松浦達雄先生にご紹介し、高松の清々しい老舗レストラン、香松で一緒にお食事しました。日頃の慌ただしさから離れ、まさに気の合うお話に疲れが吹き飛びました!このご縁で田辺先生、松浦先生、お世話になっている鍼灸師の伴依子先生と永島一家は、夏の比叡山延暦寺一泊ツアーを企画したんです。どんな展開になるか楽しみです。
写真は早起きして出掛けた小雨模様の栗林公園。菖蒲園の端っこに映っている毘沙門天の小さな祠にお参りしました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

 Copyright© 2013 nagashima-kampo.com All Rights Reserved